石川県の言語聴覚士に関する情報や県士会の活動内容などを掲載しています。

学会・研修会案内

  • タイトル 主体性を育むリハビリテーションの実践〜駆けまわれ!我がのフィールドを!!〜
    概要

    PT、OT、ST士会合同で主催している訪問リハ実務者研修会の第2部です。

    昨年度小児の在宅リハ研修会でご講義いただいた永耒先生と高橋先生を再びお招きして、小児から高齢者までの幅広い対象者について主体性を育むリハビリテーションについてお話しいただきます。ぜひご参加ください。

    日時

    平成30年12月1日(土)10:00〜16:30(9:30受付開始)

    場所

    石川県リハビリテーションセンター4階大研修室

  • タイトル 第9回石川県言語聴覚学術集会
    概要

     11月18日(日)に開催される第9回石川県言語聴覚学術集会の参加受付を開始致します。
     今回は一般演題発表に加えて、山本千敦先生(アルバ個別支援室)と田中早苗先生(金沢大学子どものこころの発達研究センター)による放課後等デイサービス研修会「小児領域における現状とSTの新たな役割」と松井亮太先生(順天堂大学医学部付属浦安病院)による「身体組成が予後を変える~リハと栄養の目標設定~」の二つの講演を行います。また、会場内のラウンジスペースでは川柳展示や協賛企業による展示会も行います。
     会員の皆さまの多数のご参加をお待ちしております。

    日時

    2018年11月18日(日)10:00~15:00(9:30受付開始)

    場所

    金沢医科大学看護学部棟 第一講義室

    ※会場内に売店はございません。昼食は各自ご持参いただくようお願い申し上げます。

  • タイトル ディサースリアの音声治療(10.28)
    概要

     ※台風のため延期となっていた7月29日(日)の研修会を下記の通り開催致します。

     

     音声障害はディサースリア患者にみられる発話症状の一つです。日々の臨床で構音に対するアプローチは積極的に行っているものの、嗄声などの音声へのアプローチが不十分となることが少なくないのではないでしょうか。

     今回は言語聴覚療法シリーズ『改訂・音声障害』の著者でもある城本修先生をお招きして、ディサースリア患者への音声治療について、どのように評価してどのようにアプローチをするのか、デモンストレーションを交えてご講義頂きます。

    日時

    2018年10月28日(日)12時30分~15時00分

    場所

    金沢医科大学病院 中央棟4階大会議室

  • タイトル 音声障害の臨床:何を観て何を聴くのか(10.28)
    概要

     ※台風のため延期となっていた7月29日(日)の専門講座を下記のとおり開催いたします。

     

     音声障害の臨床では,問診をしながら患者の声を聴き,その声から嗄声の程度を聴覚的に判断する聴覚心理的評価を行ないます.これらの情報を統合して疾患予測を行い,さらに実際の喉頭視診によって,診断はほぼ確定すると言われています.音声障害の臨床は,発声機能検査や音響分析などの定量的評価は機器がないと出来ないので難しいという声をよく聞きます.しかし実際は,音声障害を診断するうえで,機器を用いた定量的評価は,診断の補助的な意味合いが大きく,障害の程度や治療効果の判定にしか使われません.したがって,音声障害の臨床では,しっかり問診をすることと,患者の声から嗄声の程度を判断し,それを総合して疾患予測を行えることが重要です.そうすれば,適切な訓練計画を立案することは,それほど難しいことではありません.

     本講演では,問診ではどんなことを聴き,患者の声からどんなことを考え,そこから,どんな検査結果が予測でき,さらにはどういった訓練計画を立案すればよいのか,理論的に筋道を考える方法を学びます.そして最後に,実際の症例を通して検証してみましょう.

    日時

    2018年10月28日(日) 10時00分~11時30分

    場所

    金沢医科大学病院 中央棟4階大会議室

  • タイトル 2018年トリプル改定から考える 2025年に向けて実践すべきリハビリテーション ~生活期リハの視点で、病院リハと地域リハをつなぐ・変える~
    概要

    今年の訪問リハビリテーション研修会は2回シリーズで開催する事になりました。第一部は、2018年の制度改定に焦点をあてつつ、我々専門職がどのようなリハビリテーションを国や厚労省から求められているのか、今後実践すべきリハビリテーションのあり方について学びます。(第二部は秋頃開催予定です。後日お知らせいたします。)

    「生活期の視点で病院リハビリテーションと地域リハビリテーションをつなぐ・変える」ためにも、生活期だけでなく、急性期・回復期すべてのセラピストの方を対象としています。

    訪問リハビリテーションを行っている方だけでなく、病院や施設、行政等で働いている幅広いセラピストの皆様のご参加をお待ちしております。

    詳細につきましては、下記の案内をご覧ください。

    日時

    平成30年7月7日(土)

    場所

    石川県リハビリテーションセンター 4階 大研修室

  • タイトル 高齢者のためのコミュニケーションサポート講座
    概要

    高齢者の方々とよりよいコミュニケーションをとるために、具体的な方法を学んでみませんか?

    ・認知症の方と上手にコミュニケーションをとるために

    ・高齢者の難聴とその対策

    ・失語症、構音障害のある方々との会話のコツ

    日時

    平成30年6月10日(日)10:00〜15:40(受付9:30〜)

    場所

    金沢脳神経外科病院 2階 研修室

ページトップに戻る
copyright©2017 ISTA all rights reserved.