石川県の言語聴覚士に関する情報や県士会の活動内容などを掲載しています。

学会・研修会案内

地域リハリーダー養成研修 導入研修①(POS連絡会)のご案内

タイトル 地域ケア会議・介護予防事業におけるリハビリテーション専門職の役割
概要

子どもから高齢者までが住み慣れた地域で安心した生活が継続できるよう地域包括ケアシステムが推進されるなか、各地域においてリハビリテーション専門職等を活かした自立支援に資する取り組みが重要視され、市町の地域支援事業を理解したリハビリテーション専門職の育成が急務の課題となっている。

今回、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が共通して学ぶ基礎的な研修を企画し、市町の地域支援事業に関与できる人材の育成及び資質向上を図る。

 

ハイブリット形式( 講師の方々は、オンラインにて実施 )

*「来場型」と「オンライン型」を同一クラスで進行する研修スタイル

*来場型は3密に配慮するが、オンライン型での参加を推奨

*オンライン型は、Zoomを利用(一人1拠点)

講師名

【第1部】行政の立場からリハ専門職に求めること(仮)

座長:県理学療法士会 副会長 北谷正浩

講師:逢坂伸子氏(大東市保健医療部高齢介護室 課長 理学療法士)

 

【第2部】市町事業に協力するリハ専門職として必要なこと(仮)

座長:県作業療法士会 会 長 東川哲朗

講師:三浦晃氏(株式会社リエンズ 作業療法士)

プログラム

 8:45~ オンライン型:Zoomへの入室

 9:00~ 来場型:受付開始

 9:25~ オリエンテーション

  9:30~ 挨拶

  9:40~12:30  第1部 行政の立場からリハ専門職に求めること(仮)

13:30~16:20  第2部 市町事業に協力するリハ専門職として必要なこと(仮)

16:30  終了

 

対象

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 等

日時

令和2年12月6日(日) 9:30~16:30

場所

来場型:石川県リハビリテーションセンター 4階 大研修室 30名

 

オンライン型:オンライン型は、Zoomを利用するため、受講にはWeb環境と、カメラ・マイク機能の付いたパソコンやスマートフォン、タブレット等が必要(Web環境やパソコン等を用意できない場合は、問合わせ先へ要相談)。

参加費 無料
申し込み方法

必要事項を記載し、県リハセンターのアドレスへ送信

      申込みアドレス iprc@pref.ishikawa.lg.jp

      ※必要事項 件名「12月6日 導入研修①」

       ①所属 ②役職・職種 ③氏名(ふりがな)④当日の連絡先(TEL)

       ⑤受講形式(来場型・オンライン型)

       ⑥オンライン型で受講するパソコン等のメールアドレス

       ⑦オンライン型で受講する際の接続確認への参加(参加・欠席)

         (接続確認日12月4日(金)18:00~19:00)

 

※申込み締切り  令和2年11月22日(日)

 申込み受理後、詳細な参加方法を含め、受講するアドレスにメールを送る

受付フォーム
問い合わせ先

石川県リハビリテーションセンター 支援課 担当:東・平木・長原・林

TEL:076-266-2860 FAX:076-266-2864

その他

・石川県理学療法士会・作業療法士会・言語聴覚士会連絡会と共催で実施する。

 ・案内はリハビリテーションセンターのホームページに掲載する。

 ・県理学療法士会、県作業療法士会、県言語聴覚士会のホームページに掲載する。

・理学療法士が受講した場合は、日本理学療法士協会の地域包括ケア推進リーダーの導

 入研修となる。

・作業療法士が受講した場合は、日本作業療法士協会の生涯教育ポイント(全日で2ポ

 イント)となる。

・言語聴覚士が受講した場合は、日本言語聴覚士協会の生涯学習ポイント(全日で1ポ

イント)となる。

ページトップに戻る
copyright©2017 ISTA all rights reserved.